ATCコマンドのつかいかた (Global対応 パイロット版)How to use ATC commands in Japanese (Adapted to Global, for pilots)

Unicom

Unicomとは管制官(ATC)がコントロールしていない空港で有効になるパイロット同士で通信するシステムです。

Announce taxi - タキシングを開始する際に送信するコマンドです。

Announce takeoff - 離陸する際に送信するコマンドです。

Clear of all runways - すべての滑走路から退去したことを報告するコマンドです。

Send traffic advisories - 着陸機に対しトラフィックの状況を報告するコマンドです。
このコマンドを選択後、 該当の滑走路を選択して Left Traffic または Right trafficを選択して送信します。 Left traffic と Right trafficの違いについては公式Tutorialをご覧下さい。

Hold short - 滑走路に侵入せず手前で待機している場合に報告するコマンドです。主に離着陸のトラフィックがある場合などに利用します。

ATC (Ground)

ATCがいる場合でグラウンド管制にコンタクトする場合のコマンドです。 グラウンド管制では空港の地上走行している機体をはじめ、主に地上滞在中の航空機を管轄します。

Request taxi - タキシングのリクエストを送信するコマンドです。

Request pushback - プッシュバックをリクエストするコマンドです。

Request runway crossing - 滑走路の横断をリクエストするコマンドです。

Request frequency change - 周波数の変更をリクエストするコマンドです。
このコマンドについてですが、 Request taxiを介して滑走路へのタキシング許可をもらった場合には、
Taxi to runway XX, contact tower when ready という返信があります。 この返信を受け取った場合には、周波数の変更をリクエストせずにパイロット側で周波数の変更を行ってください。

Misc. messages - ATCへメッセージを送る際に使用します。
メッセージの内容は Thank you / Thank you, good day / Your welcome / I’m sorry から選ぶことができます。 パイロット同士で送り合うことはできませんのでご注意ください。

Stand by - 待機を報告する場合に使用します。
いろいろな状況が想定されますが、主な状況としては「滑走路への進入を指示されたが、他のトラフィック (離着陸機など) がありやむを得ず従えない場合などに利用します。 (明らかに不審な使用をしますとATCによっては出発順序を前後させる可能性がありますのでご注意ください。) 例:トラフィックがなく離陸できる状態にありながら当コマンドを送信し離陸指示に従わない 等。

Correction - 直前に送信したコマンドを修正する際に使用します。
選択すると Correction, Stand by / Disregard last message から選ぶことができます。

Correction, stand by というコマンドは直前の送信したコマンドに間違いがあり、正しいコマンドを送信する前に使用します。 例: Request takeoff R 112 correction, stand by Request takeoff L 112 等。

Disregard last message というコマンドは直前に送信したコマンドを取り消して訂正する場合に使用します。 例: Request R 134 for landing ⇨ Disregard last message

ATC (Tower)

Tower管制はGround管制から引き継ぎ、空港周辺 (管制区域) を飛行している航空機を管轄します。離着陸をはじめ、担当空域での着陸機の誘導なども行います。 (担当空域はApproachから引き継がれた後の部分を指します。)

地上滞在中

Request Takeoff - 離陸をリクエストする際に使用するコマンドです。
滑走路を選択後、 Depart (出発)または Remain in the pattern (パターンワーク)から選択できます。出発の場合は方角を North / South / West / East / Straight out より選択してください。 パターンワーク (タッチアンドゴーなど)の場合には Remain in the pattern を選択して送信してください。

Request frequency change - 周波数の変更をリクエストするコマンドです。

Announce missed approach - アプローチに失敗したことを報告するコマンドです。
このコマンドを選択後、Confirm? というボタンが表示されます。 コマンド送信を確認後、 Confirm?をタップすることでコマンドを送信できます。

Misc. messages - 上記Ground管制のものと同じです。

Stand by - 上記Ground管制のものと同じです。

Correction - 上記Ground管制のものと同じです。

着陸及び離陸後`

Call inbound - 到着を報告するコマンドです。
Landing と Touch and Go の選択肢があります。 Landingの場合は着陸を、Touch & Go の場合はタッチアンドゴーをリクエストします。
Landing/Touch and goを選択⇨Send / Request specific runway / On the ILS から選択してください。
そのまま送信した場合にはATCの判断で着陸滑走路が決定されます。 リクエストがある場合には
Request specific runway をご利用ください。 On the ILSに関してはApproachよりILS approachのクリアランスをもらった場合に利用します。 (注 On the ILSを送信すると管制官に対して位置情報がATCコマンドと一緒に送信されません。 空港から距離がある場合やApproach管制(Center/departure)よりILS Approachの許可を得ていない場合には絶対に使用しないでください。 管制業務に多大なる支障をきたします。

Announce go around - 着陸復航・ゴーアラウンドを報告するコマンドです。
たまに勘違いしている方が多いので記述します。 Go around = 観覧飛行ではありませんのでご注意ください。

Request departure - 出発する方角をリクエストする際に使用するコマンドです。離陸時に出発する方角を指定している場合には送信の必要はありません。 タッチアンドゴーの後に空域より出発する際にはこのコマンドを送信していただけるとATC側がより正確に状態を把握できます。

Report position - 自身の航空機の状態(場所)を管制官に知らせるコマンドです。
コマンド選択後、 Right downwind /Left downwind / Right base / Left base / Final より選択できます。
ポジションの詳細についてはこちらのTutorialを御覧ください (英語+図形)

Request runway change - 指定された滑走路の変更をリクエストするコマンドです。
到着時にリクエストが有れば、その際にリクエストを送ってくださるとATC、パイロットともに負担が減ります。 リクエストが受け入れられない場合もありますので多重しての送信は控えてください。

Request transition - 空港の管制空域を飛行する際に飛行高度をリクエストするコマンドです。
なお、空港の空域外の高度(空港によってとこなります)または空域外を飛行する場合には送信する必要はありません。

Request frequency change - Ground管制のものと同じです。

Announce missed approach - 上記に同じ (地上滞在時)

Misc. message - 上記に同じ (Ground及びTower地上滞在時)

Stand by - 上記に同じ (Ground及びTower地上滞在時)

Correction - 上記に同じ (Ground及びTower地上滞在時)

ATC (Departure, Center, Approach)

Request approach - 当該空港へGPSまたはILSでのアプローチをリクエストするコマンドです。
選択すると付近の空港一覧が表示されます。 その中から該当の空港を選んで送信してください。

Request flight following - 当該空港へのフライトをリクエストするコマンドです。
FPL (フライトプラン) が作成されていない場合には VFR flight (Visual Flight Rule) を選択してください。

Request radar vectors - レーダでの誘導をリクエストします。
こちらはFPLを記載していないと使用できません。

Request frequency change - Tower及びGround管制と同じです。

Request altitude change - 飛行高度をリクエストする際に使用するコマンドです。
< 10000ft (10000ft 以下) / > 10000ft (10000ft 以上) 高度の区分から選び 1000ft 刻みでリクエストすることができます。

Announce missed approach - Tower管制と同じです。

Check in - 暫くの間にATCからの返答がない場合に使用するコマンドです。
管制優先権はEmergencyを除き、最初にリクエストしてきた航空機からの順番になります。

Misc. messages - Ground管制およびTower管制と同じです。

Stand by - Ground管制およびTower管制と同じです。

Correction - Ground管制およびTower管制と同じです。

最後に

Request XXXXX という形式のものはあくまでリクエストであって最終決定権はATCにあります。 よほどの理由がない限りATCの指示に従うようにしましょう。 また、Expert サーバーの場合にはペナルティーもありますのでご注意ください。

また、ATCのコマンドは変更される場合もあります。 一度開いてみることをおすすめします。
コマンドの右横にオレンジ色で (Send)と表示されていると直接送信されてしまいますが、それ以外のものはリストを調べることが可能です。 間違いのないようにご注意ください。

2017年11月30日
以上。

For those wondering, the original idea is not mine, and this post is the renewed version of my old post

17 Likes

Hopefully this will help Japanese pilots who are unable to speak English in the community to understand the instructions. Thanks for the post! 😊

8 Likes

Amazing effort on your part! I love to see members like you contribute to this community. Well needed topic. Thanks again!

@Chief305’s Warm Regards,

Jacob

4 Likes

I am a former Japanese. Very well put. You made it simple and easy to communicate. This will very much help Japanese pilots fly wherever they desire and not have to worry about as simple as english buttons. Thank you for posting here and have a good day, ありがとうございました - HawaiiPilot10

4 Likes

Thank you 😊
I hope so too!!

2 Likes

Thank you :)
I hope this helps people struggling to fly on live!!
Well, specifically for Japanese people though lol
I guess others are making for other languages…

1 Like

I’m glad you think this is simple :) coz I wanted to make it the simplest form!
Thank you :) and you too have a great day (´∀`)

1 Like

This topic was automatically closed 90 days after the last reply. New replies are no longer allowed.